甘え方研究会 では、甘えることについて考えいてます。

甘え方研究会

正しい甘えって何だ?

正しい甘えって何だろう?

甘え方一つで敵を作ったり味方が増えたりしています。上手な甘え方をする人がいるかと思うと、甘えることをずっと我慢してきた人がいます。この差は経験値の差です。経験値の差は勉強とトレーニングで解決できます。

k

甘えるを定義する

甘えることを言語化して定義してみましょう。そうすることで、不明確な部分が見えてきます。

甘え方を判断する

今やっている甘え方は、定義に対してどうなのかを調べ、判断します。

g

悪い甘えを止める

悪い甘えがあれば、それをしないように努力する。悪い甘えの結果をしっかりと受け取る。

いい甘えを繰り返す

いい甘えを繰り返すことで、そのメリットをしっかりと受け取るようにする。そうすることで良さを体験する。

脳を喜ばせ習慣化する

いい甘えを繰り返して良さを体験すると、脳内に喜びが生まれます。それを繰り返し習慣化します。

無意識に甘える

いい甘えを繰り返して習慣化すると、それは無意識に行われるようになります。良い体験によって学習が成り立ちます。

現在、コンテンツ追加中です。徐々に増やして行きます。

甘え方は自然にできるようにはなりません。トレーニングが必要です。

ブログ記事

本間真理子トレーナーからのメッセージ

本間真理子トレーナーからのメッセージ

こんにちは、初めまして。 甘え方矯正プログラムのトレーナーをさせて頂いております  本間真理子  です。 まずは、簡単に私の自己紹介をさせてもらいたいと思います。 家族構成は、 夫と、娘三人(25歳、23歳、14歳)で、 普段は、女性の健康な身体作りのサポートをするお仕事をしております。 女性はオギャーと生まれてから、初潮に始まり、 結婚、妊娠、お産、子育て、閉経、老後の親の面倒など身体も忙しく変動していきます。 目まぐるしい変化に、ココロが追いつかずに体調を崩すことも多くあるため、...

風が吹けば桶屋が儲かる的に、甘えが下手だと不倫になる。

風が吹けば桶屋が儲かる的に、甘えが下手だと不倫になる。

風が吹けば桶屋が儲かる ということわざがあります。 コトバンクによると 意外なところに影響が出ること、また、あてにならない期待をすることのたとえ。風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。盲人は三味線で生計を立てようとするから、三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。猫が減るとねずみが増え、ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。大風が吹けば桶屋が喜ぶ。 ということです。 甘え方一つで人生が変わってしまう。 甘え方が下手だと、捨てられて、寂しい人が増える。 寂しい人は、何とかしようとするから、恋愛需要が上がる。...

甘えではなくタカリ 、その理由を考えてみる。

甘えではなくタカリ 、その理由を考えてみる。

甘えではなくタカリ 甘えではなくタカリ とは? 甘えとはコミュニケーションの手段であって、相手に行為や物品を要求することではありません。行為や物品を関係性などを利用して要求する行為はタカリです。 では、甘えとはどういうものなのでしょうか? 甘えではなくタカリ をやめて、甘えは特定の誰かだから価値がある。 甘えは、望んでいるものを満たしてほしいという行為ですが、特定に人に対して特定の気持ちです。それが、特定ではなく、誰でも良くなったらサービスでも買ってろ! ってことになります。...